2018/05/05

なぜプラムビレッジで伝えるようになったのですか?教育者向け2018



(歩く瞑想・戸山公園)




◯3才の子供の親です。
マインドフルネスの実践は、日常で始められると分かりました。
(僧侶として)プラムビレッジで伝えるようになるまで、一歩踏み込んだ気持ちを聞かせてください。



シスター・ダウンニェム

なぜかというと、私たちはどのような環境が、作り出すかを知っているからです。
気づいた時には、コミュニティの一員になろうとします。
形になることではありません。
例えばカップルは、お互いに関わり合おうとします。
関わり合うことを、思い出す必要があります。
私たちは、朝起きると頭を触ります。
剃った頭に触れて、プラクティスをすることを思い出すことができます。
私たち僧侶でも、困難な時があります。
そのようにして、自分たちで思い出すことで、前に進むことができます。
毎日毎日、お互いに思い出させる必要があります。
そのようにして自分たちの子供たちに、私たちは喜びと幸せの種に、お水をあげることをしています。
小さなグループから始まり、大きなグループに広げることができます。
家庭から始まって、周りに広げることができます。
私たちと根っこは同じ、幸せと喜びを育んでいくことです。
私たちは、お互いを助け合う存在です。



シスター・ランニェム

なぜ出家したかというと、それが一番簡単だったからです。
皆さんが幸せを築いていくことは、難しいかもしれません。
日々の水やりをすることです。可能です。

ここにきた参加者の皆さん、スタッフの皆さんに感謝します。
ここに来るには、色々なことを横に置いておく必要があったと思います。
京都、名古屋など、各地を回って、日本の人たちに取って、
時間が大切だということが、よく分かりました

マインドフルネスをすることは、今日やったことの他にも、色々なやり方があります。
今日帰って、自分はマインドフルネスでいるんだと、思わないでください。
そのことがストレスになります。
特定のことを選んで、やってみてください。


リラックスしてやることです。






ーーーーー

質問者に掲載の許可をいただきました。
ご協力をありがとうございます。



2018,4,30
「教育者のためのマインドフルネス・デイ」
東京、早稲田大学・戸山キャンパス









2018/05/04

別れを嫌がる子供へ別れの悲しみをどう教えたらいいですか?/教育者向け2018


(戸山公園のテッセン)


◯児童養護施設で働いています。
子供たちはネグレクト、放棄された子供たちが多くて、別れを嫌がる。
別れを告げられることを恐れていて、
自分が職場を離れることに、プレッシャーを感じて仕事をしている。
子供に「じゃあねバイバイ」と言ったら
「バイバイは嫌だ、またねにしてね」と言われ、心が裂けそうになった。
毎日、さよならと、いつか言わなければならないのが辛い。
先生の別れの悲しみを、どうしたらいいのか教えてもらえますか?



シスター・ランニェム

人と人との関係によって、変わってくると思います。
私たちは、すべての段階で別れを言うことがある。
まずは、子供の中の恐れと向き合う前に、自分の中の恐れと向き合う必要があります。

別れ、死についても同じです。
私たちは、死は来なければいいと思っています。
死がなければ、生きるということはない。
別れがなければ、出会いもありません。
お別れの中の良い面に、目を向けていく必要があります。
また、苦しみの中に良い面があることに、目を向けていく。

プラムビレッジでは、誕生日に Happy Continuatin(継続おめでとう)と言います。
私たちが生まれる前には、両親、そのまた両親がいるからです。
そして、人が亡くなった時にも、Happy Continuatin  と言います。
亡くなっても、出会った人たちの心の中に、その人がいるからです。
心の中にあるものは、その人の笑顔です。

だから、関係を変えていく必要があります。
ネガティヴなものを、お祝いしていくことができれば、子供たち伝えていけることができます。




ーーーーー

質問者に掲載の許可をいただきました。
ご協力をありがとうございます。



2018,4,30
「教育者のためのマインドフルネス・デイ」
東京、早稲田大学・戸山キャンパス









2018/05/03

娘にどのように勉強させたら良いですか?/教育者向け2018



(歩く瞑想・戸山公園のバラ)



◯中学2年の娘がいます。
素晴らしい大学に入るには、今の状態では難しい。
プラムビレッジでは、どのように学ぶ勉強しているのでしょうか?

ーーーーー

ブラザー・ファップトゥ

何才ですか?
質問者「14才です」
(笑顔で)遊ばせてあげてください。
子供に過剰にやらせてしまうことを学校でやってしまう。
たくさんやらせてしまうことは、毒になります。

宿題はいいことです。
問題は、この先生も宿題、あの先生も宿題。
すべての先生が宿題をやらせようとすることです。(会場も笑)
子供たちは、宿題をやりたくないとなってしまう。
中学の時に学んだことは、自分の中の残ってません。
こういうことを言ってしまうと、次から日本に入れてもらえなくなるかもしれない。シークレット(笑)
適切な量があることを、覚えていてください。

次回はぜひ、お嬢さんの先生を、このプログラムに招いてください。
そうすれば、勉強することが、どう学ぶことかが分かります。
そうすれば、子供たちは学びたくなります。

やらせようとすると、子供たちの恐れの中の種に、水をあげることになります。
アインシュタインは、すべての子供たちは天才だと言います。
魚に木に登れといえば、バカだと思うでしょう。


(通訳がバカといった日本語を真似て上手な発音。会場も笑)



ーーーーー

質問者に掲載の許可をいただきました。
ご協力をありがとうございます。



2018,4,30
「教育者のためのマインドフルネス・デイ」
東京、早稲田大学・戸山キャンパス